親鸞会の真実の教えとは

親鸞会とは浄土真宗の宗派の1つです。約800年前の日本でお釈迦様の教えを正しく唱えたのが 親鸞聖人だといいます。 親鸞会が設立されたのは正しい親鸞聖人の仏教の教えを伝えるのが目的だとされています。 親鸞会では全国の各地で仏教の講座を開いています。ここでは難しく考えずに 親鸞会の仏教を学ぶことができます。 親鸞会が真に伝えたかったことは「なぜ生きるのか」ということです。これは人生は苦悩の連続だけど、その苦悩と戦いながら目的を持って生き抜くことは永遠の幸福である。ということです。親鸞会ではこのようなお釈迦様や 親鸞聖人の教えを、正しく分かりやすく解説しています。そのため多くの人々の心に染みわたっているようです。例えば、人生観が180度変わり毎日が輝き出した方もいます。また、なぜ生きるのか、という答えの出ない極論を分かりやすく教えて頂き驚愕したという方もいます。勉強会に参加した方の多くから喜びの声が上がっています。また、その活動は知識人にも大きく影響し、著名な教授の言葉に「親鸞会は蓮如上人の遺産」であるとあります。便利な世の中である程度の物はお金で買える時代といえますが、「心の安定」はお金では買えない唯一の安らぎであると感じます。

親鸞会の情報をお届けするポータルサイト親鸞会.NET